穀物市場 | 2019年10月19日 08:33 JST

〔シカゴ大豆〕続伸=好調な輸出と収穫高見通しめぐる不透明感(18日)

 続伸。不透明な収穫高見通しや好調な週間輸出成約高を受けて、テクニカルな買いやショートカバーが入った。11月きりの清算値は2.50セント高の934.00セント。週間では2.00セント(0.2%)安で、4週間ぶりに下落した。  米農務省によると、10日までの大豆の週間輸出成約高は160万1000トンで、予想レンジ(90万~160万トン)の上限をやや上回った。  ミネソタ州やノースダコタ州での最近の降雪を受け、米国産大豆の収穫高見通しに不透明感が広がっていることも相場を下支えした。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.77 +1.16
NYMEX金先物 11月限 1471.8 -2.7
NYMEXプラチナ先物 12月限 881.1 +12
NYMEXガソリン 11月限 1.6158 +0.0226
WTI ・・・ 56.52 +0
シカゴコーン ・・・ 375.75 -5
シカゴ大豆 ・・・ 916.75 +1.25
シカゴコーヒー ・・・ 106.6 -1.45
CRB商品指数 ポイント 0 +0