鉄・非鉄金属 | 2016年02月19日 21:10 JST

〔ロンドン金属〕銅、反発=約2週間ぶり高値(19日午前)

 19日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は反発し、2週間ぶり高値近くに上伸している。中国の需要見通しに明るさが出てきたことや供給不足の可能性が生じていることから、亜鉛も上昇した。  銅相場は週間でも上昇し、過去5週のうち4週で上昇する見通し。最大消費国・中国の需要が高まる季節を前に、トレーダーらが安値を利用して買いを入れ、在庫を積み増していることが背景。  VTBキャピタル(ロンドン)の商品リサーチ部門責任者、ビクトール・ビールスキ氏は、より幅広い工業用金属相場に言及し「多くの要因が相場が底値に達したことを示唆している」と説明。「ファンダメンタルズが供給過剰から供給不足に転じ、ドル高がピークに達し、中国の安定化や、かなりの財政的押し上げによる効果が出始めている」と分析した。  LMEの銅3カ月物は1114GMT(日本時間午後8時14分)時点で0.4%高の1トン=4595ドル。一時9日以来の高値である4631.50ドルを付けた。  週間では2%高となる見通しで、1月15日に付けた6年半ぶり安値の4318ドルを引き離している。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 66.3 -0.41
NYMEX金先物 4月限 1269.3 -1
NYMEXプラチナ先物 7月限 893.8 -1
NYMEXガソリン 4月限 2.1316 -0.0278
WTI ・・・ 66.19 +0
シカゴコーン ・・・ 351.25 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 862 +2.25
シカゴコーヒー ・・・ 91.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0