鉄・非鉄金属 | 2017年03月17日 20:43 JST

〔ロンドン金属〕銅、6日続伸=今週は2月半ば以来の大幅上昇に(17日午前)

 17日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は6営業日続伸、週間ベースでは2月半ば以来の大幅上昇に向かっている。ドル安と供給懸念に支えられた。  米連邦準備制度理事会(FRB)が15日に金融引き締めペースの減速を示唆したことを受けて、ドル指数は5週間ぶり安値付近の水準を維持した。ドル安は他通貨保有者のコモディティー購買力を高める。  LMEの銅3カ月物は1055GMT時点で0.25%高の1トン=5926ドル。今週を通じては約3%の上昇となる見込み。  世界最大の銅山であるチリのエスコンディーダでは、スト中の労働者が、保有者の英豪系資源大手BHPビリトンによる近くの主要な銅輸出港での操業再開に向けた試みを阻んでいる。ストは開始から6週間目に入る。  INGのコモディティーズ担当ストラテジスト、ウォーレン・パターソン氏は「これら供給の問題はどれだけ長く続くのか?毎月15万~20万トンの銅供給が失われている。そして中国では銅精鉱(コンセントレート)の需要は依然強い」と語った。  世界の銅消費の半分近くを占める中国の1~2月の都市部固定資産投資は前年同期比8.9%増。不動産やインフラの建設が盛んだったことが力強い伸びの要因だった。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.36 +0.66
NYMEX金先物 12月限 1245.2 -3.9
NYMEXプラチナ先物 1月限 883.7 +3.7
NYMEXガソリン 12月限 1.7166 +0.01
WTI ・・・ 57.1 +0
シカゴコーン ・・・ 340 -3.5
シカゴ大豆 ・・・ 982.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 121 +0.4
CRB商品指数 ポイント 185.0158 +0