鉄・非鉄金属 | 2017年04月13日 22:59 JST

〔ロンドン金属〕銅、反発=ドル安、中国貿易統計が支援(13日午前)

 欧州時間13日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は反発。前日の3カ月ぶり安値水準から値を上げた。ドル安や上向きな中国貿易統計が相場を支援した。世界最大の銅消費国・中国の貿易統計は、需要増の期待をかきたてた。  LMEの銅3カ月物は0920GMT時点で1.2%高の1トン=5693.50ドル。前日は1月10日以来の安値に下落した。  コメルツバンクのコモディティーズ・リサーチ責任者のユージーン・ワインバーグ氏は「中国統計は明らかに最近の低水準からの回復を示している。このため相場が上昇するのは驚きではない」と語った。  きょう発表された3月の中国貿易統計は、輸出入とも予想を上回る伸びを記録した。またトランプ米大統領が中国に対する強硬な発言をトーンダウンさせたこともあり、中国の今年の輸出見通しはかなり明るくなった。  中国税関総署が13日発表した3月の銅輸入は前月比26.5%増の43万トンだった。  トランプ大統領がドルが強すぎると発言したことを受けて、ドル指数は2週間ぶり安値に下落した。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 48.97 +0.36
NYMEX金先物 5月限 1263.7 +3.5
NYMEXプラチナ先物 6月限 948.4 -0.1
NYMEXガソリン 5月限 1.5543 -0.0062
WTI ・・・ 49.26 +0
LME銅先物 3ヶ月 5715.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1964.5 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9230.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 362 -4.25
シカゴ大豆 3ヶ月 945.75 -1.5
シカゴコーヒー 3ヶ月 126.7 -0.4
CRB商品指数 ポイント 180.4906 +0