鉄・非鉄金属 | 2017年04月18日 19:35 JST

〔ロンドン金属〕銅下落、北朝鮮情勢受け=アルミは中国がらみで上昇(18日午前)

 イースター連休が明けた欧州時間18日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、下落した。各市場での北朝鮮がらみのリスク回避傾向が卑金属にも広がったことが背景。ただアルミは中国の供給減の見込みから上昇した。  ABNアムロのアナリスト、キャスパー・バーガリング氏は「市場にはまだ地政学的案件についての不確実性がいくらか残っている。また現時点でリスク回避が少しみられる」と指摘。「今年の銅市場は小幅な供給不足が見込まれている。需要はかなり旺盛だ。しかしそれは銅相場を押し上げていない」と語った。  トレーダーが4日間のイースター連休から市場に復帰する中、LMEでアルミが上昇した。中国の旺盛な需要と生産減の兆候を材料に17日の上海市場ではアルミ先物が約4年ぶり高値を付けた。  バーガリング氏は「アルミの供給過剰はまだかなりあり、在庫も多い。供給過剰はここしばらくの間相場を圧迫してきた」と説明。「現在は中国で生産能力削減の動きがあり、価格は上昇している」と述べた。  LMEの銅3カ月物は0950GMT時点で0.6%安の1トン=5657ドル。アルミ3カ月物は0.8%高の1トン=1924.50ドル。  16日付の中国国営金融紙によると、新疆ウイグル自治区でアルミの新規事業3件(生産能力200万トン)が、生産能力を抑制する規定に違反したとして中断された。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 50.55 +0.11
NYMEX金先物 9月限 1290.6 +5.1
NYMEXプラチナ先物 9月限 939.4 -7.6
NYMEXガソリン 9月限 1.6438 +0.0246
WTI ・・・ 50.28 +0
シカゴコーン ・・・ 350.25 +3.25
シカゴ大豆 ・・・ 970.75 +14.5
シカゴコーヒー ・・・ 134.45 -0.55
CRB商品指数 ポイント 183.3955 +0