鉄・非鉄金属 | 2017年04月19日 18:27 JST

〔インサイト〕LME銅、ドル安で反発=需要懸念は根強い(19日)

 【メルボルン・ロイターES=時事】欧州時間19日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場はドル安を背景に反発。前日に付けた1月以来の安値水準から遠ざかった。ただ中国の不動産価格過熱抑制策の影響で同国の卑金属需要が今後鈍るとの懸念が、相場の上値を抑えた。  オーストラリア・ニュージーランド銀行はリポートで、中国当局が住宅価格の上昇をどのように減速させるのかとの懸念が、ついに金属部門にも波及したと指摘。「投資家は現在、中国の経済成長の強さについて懐疑的になっているようだ」と述べた。  LMEの銅3カ月物相場は0714GMT(日本時間午後4時14分)時点で1.3%高の1トン=5646ドル。前日は1月上旬以来の安値となる5568.50ドルを付け、2.1%安で引けた。  上海先物取引所の銅6月きりは一時1トン=4万5110元まで下げた後で下落幅を縮小し、1%安の4万5840元で引けた。  18日に発表された3月の中国の70主要都市の平均新築住宅価格の上昇率は前月から加速した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 48.9 +0.9
NYMEX金先物 6月限 1256.4 +10.3
NYMEXプラチナ先物 6月限 951.7 +9.4
NYMEXガソリン 5月限 1.6093 +0.0333
WTI ・・・ 49.53 +0
LME銅先物 3ヶ月 5682.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1945.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9100.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 369.25 +4.5
シカゴ大豆 3ヶ月 939.5 -13.5
シカゴコーヒー 3ヶ月 131.05 +1.75
CRB商品指数 ポイント 181.1525 +0