鉄・非鉄金属 | 2017年05月19日 21:16 JST

〔ロンドン金属〕銅、上伸=ドル安で週間でも上昇見込み(19日午前)

 19日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上伸。ドル安や中国経済に対する不安の後退を背景に、週間でも上昇する見込みとなっている。  当局者の発言や中国人民銀行(中央銀行)による資金注入で、中国の銀行規制強化や経済成長への懸念が相殺され、中国市場の株価は週間では6週ぶりの上昇となった。  ETFセキュリティーズの商品ストラテジストは「中国経済への不安は後退したものの、米経済に対する懸念が高まり、金属相場の上値を抑えている」と指摘。「向こう2、3週間は足踏みするとみているが、その後は現在の米国発のネガティブな地合いが後退する(と想定する)と、値上がりする公算が大きい」との見通しを示した。  LMEの銅3カ月物は1020GMT(日本時間午後7時20分)時点で0.7%高の1トン=5619.50ドル。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.04 +0.26
NYMEX金先物 12月限 1253.8 +2
NYMEXプラチナ先物 1月限 881.2 +8.2
NYMEXガソリン 12月限 1.6707 -0.0159
WTI ・・・ 57.24 +0
シカゴコーン ・・・ 348.5 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 967.75 +0.75
シカゴコーヒー ・・・ 116.9 -2.25
CRB商品指数 ポイント 184.2184 +0