鉄・非鉄金属 | 2017年07月26日 20:22 JST

〔ロンドン金属〕銅、2年ぶり高値=中国の銅スクラップ輸入規制で(26日午前)

 【ロンドン・ロイターES=時事】欧州時間26日午前のロンドン金属取引所(LME)銅相場は上昇し、2年超ぶり高値を付けた。中国が銅スクラップ輸入規制を導入するとの報を受け、精製銅の輸入需要が増大するとの期待が高まった。  ABNアムロのアナリスト、カスパー・バーゲリング氏は、ドル安や、需給逼迫(ひっぱく)の予想も相場を押し上げたと指摘した。  LME銅3カ月物は1036GMT時点で0.7%高の1トン=6270ドル。一時、2015年5月以来の高値6400ドルを付けた。7月20日以降の上げ幅は5%超に達している。  複数のトレーダーによると、中国が銅を含む金属スクラップの輸入を、2018年末から禁止するとの報を受け、銅は上昇した。ただ、金属リサーチ会社の安泰科は、禁輸により影響を受ける輸入量は100万トン未満にとどまると指摘した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.63 +0.65
NYMEX金先物 8月限 1426.7 +1.5
NYMEXプラチナ先物 7月限 845.9 +0
NYMEXガソリン 7月限 1.8405 +0.0112
WTI ・・・ 55.39 +0
シカゴコーン ・・・ 430.75 -6.5
シカゴ大豆 ・・・ 901.5 -6.25
シカゴコーヒー ・・・ 107.3 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0