鉄・非鉄金属 | 2017年08月23日 21:02 JST

〔ロンドン金属〕ニッケル、亜鉛が高い=銅も堅調(23日午前)

 23日午前のロンドン金属取引所(LME)ではニッケル相場が上昇し、8カ月ぶり高値を付けた。また亜鉛相場は2007年8月以来の高値を付けた。最大の消費国・中国の旺盛な需要の見通しや、供給懸念、在庫の減少が背景にある。  サクデン・フィナンシャルのアナリスト、カシュ・カマル氏は「ニッケルと亜鉛は、中国の刺激策の恩恵を受けている。年内はこれが続くだろう」と述べた。  一方、同氏はニッケルの在庫は世界の小幅な供給不足を補うのに十分であり、相場は急落する可能性があるとの考えを示した。  大半の工業用金属では、投機的な投資の急増を受けて相場が上昇した後で、値上がりペースが減速している。あるロンドンのトレーダーは「買いは減ってきている」と述べた。  LMEニッケル3カ月物は、1008GMT(日本時間午後7時08分)時点で、1.1%高の1トン=1万1540ドル。一時は12月12日以来の高値となる1万1570ドルを付けていた。LME指定倉庫の在庫(オンワラント)が1月以来の低水準に減少したことが相場を支えた。  LME亜鉛は0.8%高の1トン=3142.50ドル。一時、07年8月以来の高値となる3231.75ドルを付けた。亜鉛相場の上昇は、世界市場で供給の大幅な不足や在庫急減が発生するとの見通しが背景にある。  LMEの銅3カ月物は、0.1%高の1トン=6589ドル。前日に付けた14年11月以来の高値6649ドルからは値下がりした。LME指定倉庫のオンワラント在庫は3月以来の低水準に減少した。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.25 -0.27
NYMEX金先物 12月限 1210.1 -0.9
NYMEXプラチナ先物 1月限 833.8 +2.2
NYMEXガソリン 11月限 1.5606 -0.0112
WTI ・・・ 56.11 +0
シカゴコーン ・・・ 367 +0
シカゴ大豆 ・・・ 870.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 112.65 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0