鉄・非鉄金属 | 2017年08月29日 20:00 JST

〔ロンドン金属〕銅、一時約3年ぶり高値=在庫減とドル安で(29日午前)

 連休明け、欧州時間29日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇し、一時約3年ぶりの高値を付けた。ロンドンと上海で在庫が減少したことに加え、北朝鮮が発射したミサイルが日本上空を通過したことで地政学的緊張が高まり、ドルが下落したことが背景。  LMEの銅3カ月物は0943GMT(日本時間午後6時43分)時点で2%高の1トン=6806ドル。一時は2014年10月以来の高値となる6814ドルを付けた。  サクソバンクのコモディティー(商品)アナリスト、オーレ・ハンセン氏は「銅相場の主要な材料は継続的なドル安だ。きょうは特にドル安が進行している」と述べた。また過去1週間は在庫の減少が相場を下支えたと付け加えた。  LMEと上海先物取引所の指定倉庫の在庫はそれぞれ減少した。LME指定倉庫のオンワラント(引き出し予定のない)在庫は、新たなワラント解約により775トン減の11万2175トン。  上海先取の指定倉庫の週間銅在庫は8.2%減の18万7444トン。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 71.12 +0.55
NYMEX金先物 10月限 1203.9 +3.1
NYMEXプラチナ先物 10月限 821.9 +3.8
NYMEXガソリン 9月限 2.0207 +0.0071
WTI ・・・ 71.03 +0
シカゴコーン ・・・ 345.75 -0.5
シカゴ大豆 ・・・ 830 -3.5
シカゴコーヒー ・・・ 96.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0