鉄・非鉄金属 | 2017年09月13日 21:02 JST

〔ロンドン金属〕銅、3週間ぶり安値=利益確定売りと需要減で(13日午前)

 欧州時間13日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は3週間ぶり安値を付けた。利食い売りや、LME在庫高、中国の需要に関する懸念が背景にある。  LMEの銅3カ月物は、1014GMT(日本時間午後7時14分)時点で、1.5%安の1トン=6569ドル。一時、6558ドルと8月23日以来の安値を付けていた。ただ、7月、8月の投機熱などにより、年初来では約19%高となっている。  キャピタル・エコノミクスのコモディティーズ担当主任エコノミスト、キャロライン・ベイン氏は「利益確定売りのように見え、引けまでにこの動きが加速する可能性もある」と述べた。  ベイン氏は「中国の需要は、銅相場上昇の一因になっていた。ただ、統計を詳しく見ると建設業は縮小しており、今後需要の足かせとなるだろう」とも話した。  7月の中国の新規不動産建設件数は、前年比で7%減と16年9月以来初めて減少した。1~7月の中国の不動産投資は前年同期比7.9%増加。17年上半期の8.5%増から減速した。  卑金属市場は、来月の需要についての手掛かりとなる今週発表の中国鉱工業生産、固定資産投資などの統計に注目している。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.55 -0.46
NYMEX金先物 11月限 1295.8 -19.9
NYMEXプラチナ先物 12月限 952.9 -30.6
NYMEXガソリン 11月限 1.7447 -0.0046
WTI ・・・ 56.52 +0
シカゴコーン ・・・ 343 +1.75
シカゴ大豆 ・・・ 990.5 -0.25
シカゴコーヒー ・・・ 122.75 -1.05
CRB商品指数 ポイント 190.3859 +0