鉄・非鉄金属 | 2017年10月04日 20:50 JST

〔ロンドン金属〕亜鉛上昇、10年超ぶり高値=供給逼迫で(4日午前)

 欧州時間4日午前のロンドン金属取引所(LME)では亜鉛相場が上昇し、10年超ぶりの高値を付けた。鉱山閉鎖による供給逼迫(ひっぱく)のほか、主要消費国である中国の好調な需要が地合いを押し上げた。  亜鉛3カ月物は1029GMT時点で0.5%高の1トン=3281ドル。一時、2007年8月以来の高値となる3295.5ドルを付けた。  キャピタル・エコノミクスのアナリスト、キャロライン・ベイン氏は「供給逼迫は、2、3年前からの鉱山閉鎖が徐々に影響してきている。ただ、鉱山供給は今年持ち直しており、逼迫は18年にかけて弱まり始めるだろう」と指摘した。  LMEの銅3カ月物は0.3%安の1トン=6501ドル。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.36 -0.23
NYMEX金先物 12月限 1245.2 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 883.7 +7.6
NYMEXガソリン 12月限 1.7166 -0.0081
WTI ・・・ 57.1 +0
シカゴコーン ・・・ 340 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 989.75 -3
シカゴコーヒー ・・・ 120.6 +0
CRB商品指数 ポイント 184.471 +0