鉄・非鉄金属 | 2017年10月06日 20:12 JST

〔ロンドン金属〕銅、上伸=週間上昇率は7月以来の大きさ(6日午前)

 欧州時間6日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇し、週ベースの上伸率は7月末以来の大きさになりそうだ。ドル高が相場上昇を抑えたが、最大の消費国である中国市場の旺盛な需要への期待感に支えられた。  LMEの銅3カ月物は、1002GMT(日本時間午後7時2分)時点で、0.2%高の1トン=6710.50ドル。一時、9月12日以来の高値となる6724ドルを付けた。  電力や建設業界で使われる銅は今年に入り21%以上上昇。今週は3.6%高で推移している。  ABNアムロのアナリスト、キャスパー・バーガリング氏は「銅市場の基本的な状況は引き続き底堅い。需要減退の状況はない」と指摘。年末までに6800~6850ドルの水準を予想している。  亜鉛3カ月物は0.1%安の3284ドル。4日には10年ぶりの高値となる3308.75ドルを付けた。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 69.46 +1.44
NYMEX金先物 8月限 1224 +7.2
NYMEXプラチナ先物 7月限 800.6 +25.9
NYMEXガソリン 7月限 2.0435 +0.0241
WTI ・・・ 69.37 +0
シカゴコーン ・・・ 351.25 +3.25
シカゴ大豆 ・・・ 846 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 111 +2.2
CRB商品指数 ポイント 0 +0