鉄・非鉄金属 | 2017年10月11日 20:28 JST

〔ロンドン金属〕銅、下落(11日午前)

 11日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落。一時1カ月ぶりの高値を付けた。他の大半の工業用金属も値を下げた。投資家は、この日発表される9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨や、最大の金属消費国である中国で来週に始まる共産党大会を待ち構えている。  LME銅3カ月物は1004GMT(日本時間午後7時4分)時点で、0.4%安の1トン=6730.50ドル。一時、9月11日以来の高値となる6762ドルを付けた。  INGのアナリスト、ウォレン・パターソン氏は「先週は一部良好な経済指標が出て相場が上伸した。その後の調整局面となっている」と指摘。その上で、第4四半期から来年にかけ、大部分の金属の需要が供給を上回る見通しのため、相場は現在の水準近辺で値固めするもようだと述べた。  マレックス・スペクトロンは文書で「押し目買いを支持し続けなければならない」と強調した。  投資家は18日に始まる中国共産党大会で、中国経済や環境政策の方向性に関する手掛かりを求めている。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.04 +0.02
NYMEX金先物 12月限 1283 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 924.6 -0.7
NYMEXガソリン 10月限 1.6429 +0.008
WTI ・・・ 51.82 +0
シカゴコーン ・・・ 348.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 984.25 +0
シカゴコーヒー ・・・ 124.1 -0.05
CRB商品指数 ポイント 184.2388 +0