������������������ | 2017年10月19日 20:51 JST

〔ロンドン金属〕銅、続落=中国GDP受け(19日午前)

 【ロンドン・ロイターES=時事】19日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、3営業日続落。世界最大の銅消費国である中国の第3半期の国内総生産(GDP)成長率は、市場予想通り若干減速した。  ダンスケ銀行のアナリスト、ジェンス・ペダーセン氏は、16日に2014年9月以降で初めてトン当たり7000ドルを超えた後で、投資家が利益を確定したと指摘。その上で「中国のGDPは結局想定通りだった」と語り、中国の経済成長は来年にかけて減速し、銅相場は17年末には6500ドルまで下落する可能性があると予想した。  LME銅3カ月物は0956GMT時点(日本時間午後6時56分)時点で、0.7%安の6942ドル。7177ドルを付けた16日から3%以上下落した。  ブローカーのマレックス・スペクトロンは、下値支持線は6900ドルで、フィボナッチ・リトレースメント水準は6850~6865ドル近辺にあったと述べた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.42 +0.1
NYMEX金先物 12月限 1275.3 +4
NYMEXプラチナ先物 1月限 923.6 +6.6
NYMEXガソリン 11月限 1.7438 +0.001
WTI ・・・ 56.16 +0
シカゴコーン ・・・ 345 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 990 -1.5
シカゴコーヒー ・・・ 122.9 +0
CRB商品指数 ポイント 190.3859 +0