������������������ | 2017年11月17日 17:48 JST

〔インサイト〕上海ニッケル、続落=鉄鋼需要減を懸念(17日)

 【シドニー・ロイターES=時事】欧州時間17日朝の上海先物取引所のニッケル相場は続落。中国鉄鋼需要の伸びに対する懸念が重しになった。消費量が減少する冬場に向かっている。  上海先物取引所のニッケル先物の中心限月は1.73%安の1トン=9万2750元(約1万3989.23ドル)で終了した。前日は2.6%安だった。  銅先物は0.06%高、亜鉛先物は0.28%高。アルミは0.81%安。  ロンドン金属取引所(LME)のニッケル相場は小幅上昇し、0710GMT(日本時間午後4時10分)時点で1トン=1万1445ドル。  中国の10月の鉱工業生産や固定資産投資、小売売上高は予想を下回り、中国経済の減速が示された。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.04 +0.21
NYMEX金先物 12月限 1253.8 +6.5
NYMEXプラチナ先物 1月限 881.2 +4.8
NYMEXガソリン 12月限 1.6707 +0.01
WTI ・・・ 56.95 +0
シカゴコーン ・・・ 348.5 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 967.75 +3.25
シカゴコーヒー ・・・ 119.15 +0
CRB商品指数 ポイント 184.2184 +0