������������������ | 2017年11月21日 17:24 JST

〔インサイト〕上海アルミ、急落=世界的な生産増で(21日)

 【シドニー・ロイターES=時事】21日の上海先物取引所のアルミ相場は急落し、3カ月超ぶりの安値を記録した。世界的な生産増加の兆候が重しとなった。  上海先物取引所のアルミ先物の中心限月は、2.45%安の1トン=1万4910元(約2247.14ドル)で終了した。  国際アルミ協会(IAI)が20日発表した統計によると、中国を除く10月の世界のアルミ生産量は、217万9000トンと前月の210万トンから増加した。  ロンドン金属取引所(LME)のアルミ3カ月物は下落し、0700GMT(日本時間午後4時00分)時点で1トン=2079.50ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.08 +0.79
NYMEX金先物 7月限 1225.7 -1.8
NYMEXプラチナ先物 8月限 817.4 +0.4
NYMEXガソリン 7月限 2.0261 +0.0196
WTI ・・・ 67.98 +0
シカゴコーン ・・・ 346.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 839.5 +2.5
シカゴコーヒー ・・・ 105.8 +0.1
CRB商品指数 ポイント 0 +0