鉄・非鉄金属 | 2017年12月05日 22:14 JST

〔ロンドン金属〕銅、軟化=在庫増などで一時2カ月ぶり安値(5日午前)

 5日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は軟化し、ほぼ2カ月ぶり安値を付けた。在庫増加や、ドルが前日の上伸をほぼ維持していることに圧迫された。  銅3カ月物は1133GMT(日本時間午後8時33分)時点で、2.3%安のトン当たり6669ドル。一時6657.50ドルと、10月10日以来の安値を付けた。  フォレックス・ドット・コムのアナリスト、ファワード・ラザクザダ氏は、「米国の税制改革法案が上院を通過したことで、ドル買いに安心感が戻った」と指摘。「今週のドル高により、ドル建ての金属価格は圧迫されている」と話した。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.08 -0.02
NYMEX金先物 7月限 1225.7 -1.8
NYMEXプラチナ先物 8月限 817.4 -3.4
NYMEXガソリン 7月限 2.0261 +0.0051
WTI ・・・ 67.98 +0
シカゴコーン ・・・ 346.25 +1
シカゴ大豆 ・・・ 839.5 +1.75
シカゴコーヒー ・・・ 105.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0