鉄・非鉄金属 | 2018年01月09日 23:06 JST

〔ロンドン金属〕亜鉛、10年超ぶり高値=供給不足見通しで(9日午前)

 欧州時間9日午前のロンドン金属取引所(LME)の亜鉛相場は、一時10年超ぶり高値を付けた。市場関係者はもう1年は供給不足が続き、在庫が減少すると見込んで買いを入れた。  LMEの亜鉛3カ月物相場は1152GMT(日本時間午後8時52分)時点で、0.3%安の1トン=3374ドル。一時は3400ドルと2007年8月以来の高値を付けた。亜鉛は昨年28%超、一昨年は60%超上昇した。  ソシエテ・ジェネラルのアナリスト、ロビン・バー氏は「供給不足で在庫が取り崩され、亜鉛相場は高値圏にとどまるだろう」と予想。カナダやオーストラリアの一部の小規模鉱山からの新たな供給は、需給を均衡させるのには十分ではないとの見方を示した。  LEM銅3カ月物は0.2%高の1トン=7141ドル。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.08 -0.53
NYMEX金先物 7月限 1225.7 -1.8
NYMEXプラチナ先物 8月限 817.4 -3.4
NYMEXガソリン 7月限 2.0261 -0.0111
WTI ・・・ 67.98 +0
シカゴコーン ・・・ 346.25 +1.5
シカゴ大豆 ・・・ 839.5 +4
シカゴコーヒー ・・・ 105.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0