鉄・非鉄金属 | 2018年01月09日 17:58 JST

〔インサイト〕LME銅、上昇=ドル軟化で(9日)

 【シドニー・ロイターES=時事】欧州時間9日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇。ドルの軟化が支援材料となった。  LMEの銅3カ月物相場は0700GMT(日本時間午後4時)時点で、0.5%高の1トン=7160ドル。前日は一時、ドル高が重しとなり2週間ぶり安値を付けたが、ほぼ変わらずで取引を終えた。  上海先物取引所の銅先物中心限月は、0.75%高の5万5010元(8458.91ドル)で引けた。前日は0.9%安だった。  中国当局が廃棄物の輸入規制を強化する中、国内の金属リサイクル業者や江西銅業などの銅精錬企業は、銅スクラップ処理事業の代替拠点を東南アジア諸国に設けることに一段と関心を示している。  日銀がこの日、超長期ゾーンの国債買い入れを減額したのを受け、円は対ドルで上昇した。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.33 -0.27
NYMEX金先物 4月限 1346.8 -10.6
NYMEXプラチナ先物 4月限 933.7 -7.8
NYMEXガソリン 4月限 2.0774 +0.008
WTI ・・・ 68.21 +0
シカゴコーン ・・・ 382 -5.25
シカゴ大豆 ・・・ 1037.25 -7.75
シカゴコーヒー ・・・ 115.25 +1
CRB商品指数 ポイント 0 +0