鉄・非鉄金属 | 2018年02月14日 21:18 JST

〔ロンドン金属〕アルミ、2カ月ぶり安値=在庫急増で(14日午前)

 欧州時間14日午前のロンドン金属取引所(LME)では、アルミ相場が在庫急増を受けて下落し、2カ月ぶり安値を付けた。  LMEのアルミ3カ月物は1139GMT(日本時間午後8時39分)時点で、0.5%安の1トン=2127.50ドル。一時、昨年12月20日以来の安値となる2112.50ドルまで下落した。  LME指定倉庫のアルミ在庫は先週後半以降、20万トン以上増加し、約130万トンとなった。昨年600%以上増えた上海先物取引所の在庫も引き続き増加している。  コメルツバンクのアナリスト、ダニエル・ブリーゼマン氏は「LME倉庫への大幅な流入は中国の需要が抑制されていることを示している」と指摘。今後、2000ドルを下回る可能性もあるとの見方を示した。  LMEの銅3カ月物は0.1%高の1トン=6995.50ドル。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.07 +1.69
NYMEX金先物 1月限 1291 -9.7
NYMEXプラチナ先物 1月限 807.8 +0
NYMEXガソリン 1月限 1.43 +0.0183
WTI ・・・ 53.55 +0
シカゴコーン ・・・ 380 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 907.75 +7.25
シカゴコーヒー ・・・ 105.25 +2.85
CRB商品指数 ポイント 0 +0