������������������ | 2018年02月23日 22:30 JST

〔ロンドン金属〕銅、軟化=利食い売りやドル高で(23日午前)

 【ロンドン・ロイターES=時事】23日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は軟化。亜鉛や他の非鉄も下落した。最大の金属消費国である中国の需要が不透明な中、投資家は利食い売りを出したほか、ドルも上昇し相場を圧迫した。  銅3カ月物は1051GMT(日本時間午後7時51分)時点で、0.6%安のトン当たり7116ドル。  亜鉛3カ月物は1%安の3496ドル。  ジュリウス・ベア(在チューリヒ)のアナリスト、カルステン・メンケ氏は、「事業サイクルに先立ち、センチメントのサイクルを目の当たりにしている。価格は実際の需給よりも良い見通しを示していた。このため、利食いには非常に脆弱(ぜいじゃく)となった」と話した。銅は今月初め、約8%上昇した。  メンケ氏は、「世界経済よりも中国に注目し続ける必要がある。特に、金属消費が多いインフラと不動産部門が注目で、先行きは若干鈍化すると予想している」と語った。  メンケ氏は銅相場について、年央までトン当たり6500ドルを下回る水準まで修正すると見通した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 69.85 -0.07
NYMEX金先物 10月限 1198.5 +0.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 814.9 +0.1
NYMEXガソリン 9月限 2.0049 +0.002
WTI ・・・ 69.82 +0
シカゴコーン ・・・ 343.25 +0
シカゴ大豆 ・・・ 814 +0
シカゴコーヒー ・・・ 95.85 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0