鉄・非鉄金属 | 2018年03月05日 17:53 JST

〔インサイト〕LME銅、下げ止まる=中国全人代の要人発言を好感(5日)

 【メルボルン・ロイターES=時事】欧州時間5日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場はほぼ横ばい。前営業日で下げ止まった格好だ。5日に開幕した中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、中国経済について上向きな発言がなされたことが相場を下支えた。  INTL・FCストーンのアナリスト、エドワード・メイア氏は「貿易戦争がエスカレートしなければ、3月の卑金属は若干の下落傾向がありつつも、ボックス圏の動きが続く公算が大きい」と予想。「第2四半期終盤になると、季節要因による需要増の影響が感じられ始め、卑金属は全般的に上昇し始めるだろう」と述べた。  LMEの銅3カ月物相場は0719GMT(日本時間午後4時19分)時点で、ほぼ横ばいの1トン=6895ドル。前営業日は0.4%安。1日に2月13日以来の安値となる6858.50ドルを付けた。  例年、需要が最も強い第2四半期は製造業需要にエンジンが掛かり、相場は回復する見通し。  上海先物取引所の銅先物相場は0.5%安の1トン=5万1950元で引けた。  一方、アルミやステンレス鋼の製造に使われるニッケルは、トランプ米政権が表明した輸入制限措置への懸念から下落した。LMEのアルミと亜鉛の3カ月物がそれぞれ0.5%下げたほか、ニッケルは0.8%安。  中国の李克強首相は5日、2018年の経済成長率目標を昨年と同じ6.5%前後に据え置いた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.07 +0.2
NYMEX金先物 6月限 1275.6 -1.2
NYMEXプラチナ先物 7月限 864.9 -3.9
NYMEXガソリン 6月限 2.0379 -0.0018
WTI ・・・ 65.09 +0
シカゴコーン ・・・ 353.75 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 889 +3
シカゴコーヒー ・・・ 114.1 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0