鉄・非鉄金属 | 2018年03月07日 21:47 JST

〔ロンドン金属〕アルミ、下落=米輸入関税措置を警戒(7日午前)

 7日午前のロンドン金属取引所(LME)では、アルミ相場が下落した。米政権内で自由貿易の有力支持者だったコーン国家経済会議(NEC)委員長の辞任が発表されたことで、米国の輸入関税措置が推進されるとの見方が重しとなった。  LMEのアルミ3カ月物は、0.9%安の1トン=2127ドル。トランプ米大統領がアルミに10%の輸入関税をかけると表明したことを受けて、先週付けた安値に向かっている。  SPエンジェルのアナリスト、ジョン・マイヤー氏は、「米国の金属輸入への関税措置について、誰も驚く必要はない」と述べた。  世界最大の銅消費国である中国の主要統計発表を控えて、銅相場は軟化。銅3カ月物は1.2%安の1トン=6918ドルとなった。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.54 +3.74
NYMEX金先物 6月限 1267.2 +3
NYMEXプラチナ先物 7月限 863.2 +15.5
NYMEXガソリン 6月限 2.0123 +0.0588
WTI ・・・ 68.82 +0
シカゴコーン ・・・ 357 +0
シカゴ大豆 ・・・ 880.5 +16
シカゴコーヒー ・・・ 113.95 +1.35
CRB商品指数 ポイント 0 +0