鉄・非鉄金属 | 2018年03月12日 17:53 JST

〔インサイト〕上海アルミ、1年2カ月ぶり安値(12日)

 【北京ロイターES=時事】12日の上海先物取引所のアルミ相場は下落し、1年2カ月ぶり安値で引けた。中国の冬の生産抑制措置があと3日で終わるほか、米国が発動する鉄鋼やアルミニウム輸入制限措置の影響が懸念された。  ANZは「米国のアルミと鉄鋼への関税適用による貿易戦争の影響をめぐる懸念を受けて、アルミ相場は圧迫され続けた」と指摘した。  中国北部の28都市のアルミ製錬所は、昨年11月15日から3月15日までの間、少なくとも30%の生産削減を命じられている。  上海先物取引所のアルミ先物5月きりは、1%安のトン当たり1万4065元と、2017年1月10日以来の安値で取引を終えた。  ロンドン金属取引所(LME)の銅3カ月物は0721GMT(日本時間午後4時21分)時点で、0.5%安の1トン=6930ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.46 +0.46
NYMEX金先物 8月限 1176.2 +5
NYMEXプラチナ先物 9月限 783.1 -5.8
NYMEXガソリン 8月限 1.9874 -0.009
WTI ・・・ 65.88 +0
シカゴコーン ・・・ 365.25 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 885.5 +1
シカゴコーヒー ・・・ 101.1 -0.6
CRB商品指数 ポイント 0 +0