鉄・非鉄金属 | 2018年03月14日 20:25 JST

〔ロンドン金属〕亜鉛、軟化=在庫増で(14日午前)

 【ロンドン・ロイターES=時事】14日午前のロンドン金属取引所(LME)の亜鉛相場は、在庫増を背景に軟化した。ただ、最大消費国である中国の需要増見通しから支援を受けた。  亜鉛3カ月物は1031GMT(日本時間午後7時31分)時点で、0.3%安のトン当たり3275ドル。鉄鋼のめっきに使われる亜鉛は、2月15日に2007年7月以来の高値となる3595.50ドルを付けたが、それ以降は8%以上下落した。  一方でマッコーリーのアナリスト、ビビアンヌ・ロイド氏は、「中国では亜鉛めっき鋼が不足している。4~6月期には、大幅な在庫積み増しが行われるだろう」と予想。亜鉛市場が今年、50万トンの不足に陥るとの見通しを示した。  同氏は「中国の鉄鋼産業は冬季の生産削減に影響を受けた。生産は鈍化し、一部事業は閉鎖しなければならなかった」と話した。  銅3カ月物は0.9%高の7009ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.07 +0.23
NYMEX金先物 6月限 1275.6 -1.2
NYMEXプラチナ先物 7月限 864.9 +0.6
NYMEXガソリン 6月限 2.0379 +0.0014
WTI ・・・ 65.09 +0
シカゴコーン ・・・ 353.75 -0.25
シカゴ大豆 ・・・ 889 +0.25
シカゴコーヒー ・・・ 114.1 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0