鉄・非鉄金属 | 2018年03月14日 17:17 JST

〔インサイト〕銅、上昇=堅調な中国鉱工業生産(14日)

 【メルボルン・ロイターES=時事】14日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇。中国の1~2月の鉱工業生産が予想を上回ったことを映した。ただ、米国の鉄鋼・アルミニウム輸入関税をめぐる摩擦過熱への懸念が、上値を重くした。  中国の鉱工業生産が堅調だったことで、大気汚染の取り締まりや金融システムのリスク圧縮にもかかわらず、底堅い勢いを維持していることを示唆した格好だ。  オーストラリア・ニュージーランド銀行のアナリスト、ダニエル・ハインズ氏は「中国の統計はかなりポジティブに見える。固定資産投資は予想を明らかに上回り、不動産投資も良かった」と指摘。ただ、「現時点では、貿易問題をめぐる暗雲が地合いを圧迫した」と語った。  LME銅3カ月物は、0702GMT(日本時間午後4時02分)時点で、0.7%高のトン当たり6990ドルだった。  上海先物取引所の銅相場は、0.8%増のトン当たり5万2330元(8283ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 69.85 +0.8
NYMEX金先物 10月限 1198.5 +5.2
NYMEXプラチナ先物 10月限 814.9 +8.6
NYMEXガソリン 9月限 2.0049 +0.0126
WTI ・・・ 69.82 +0
シカゴコーン ・・・ 343.25 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 814 +5.75
シカゴコーヒー ・・・ 96.25 +0.4
CRB商品指数 ポイント 0 +0