鉄・非鉄金属 | 2018年04月06日 17:56 JST

〔インサイト〕LME銅、ドル高で反落=週間では上昇へ(6日)

 【メルボルン・ロイターES=時事】欧州時間6日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、ドルが上昇する中を反落している。ただ、週間ベースでは先週に続いて安定した値動き。第2四半期の需要が季節要因で増加するとの見方が相場を支えた。  LMEの銅3カ月物相場は0740GMT(日本時間午後4時40分)時点で0.7%安の1トン=6768.50ドル。前日は1.4%上昇した。  今週を通じては0.5%上昇となる見込みで、その場合は2週連続の値上がりとなる。第1四半期に7%下落した後で、相場が落ち着きつつある可能性がある。  上海先物取引所は前日に続き、清明節の連休で休場。来週9日に取引を再開する。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.58 -1.35
NYMEX金先物 12月限 1242.7 -4.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 797.5 -10.3
NYMEXガソリン 12月限 1.4782 -0.0353
WTI ・・・ 51.21 +0
シカゴコーン ・・・ 384.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 907 -7
シカゴコーヒー ・・・ 98.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0