鉄・非鉄金属 | 2018年04月09日 21:06 JST

〔ロンドン金属〕アルミ急伸、4週間ぶり高値=米国のロシア制裁で(9日午前)

 欧州時間9日午前のロンドン金属取引所(LME)のアルミ相場は急伸し、約4週間ぶり高値を付けた。米国がロシアのアルミ生産大手ルサールに制裁を発動したことを受けた。  LMEのアルミ3カ月物は直近で3.1%高の1トン=2106ドル。一時は3月14日以来の高値となる2124ドルを付けた。6日に制裁が発表されて以来、アルミは7%近く上伸している。  ジュリアス・ベアのアナリスト、カーステン・メンケ氏は「制裁は、ロシアのアルミの対米輸出にとってさらなる打撃となる。トランプ米大統領は3月に関税を導入し、それに続く措置だ」と指摘。「これがロシア産アルミを使っている他の国々にどのような影響を与えるか、不透明さがある」と述べた。  米当局は、ロシアの新興財閥の関係者7人や、その関連企業12社、同国政府高官17人を対象に制裁を発動した。  米国は3月にアルミの輸入に10%の関税を実施した。ロシアは輸入制限の対象国から除外されていない。  ルサールの昨年のアルミ生産量は、ブローカーのアルゴノートによると、世界の全生産量の約7%に相当する。  銅3カ月物は0.7%高の1トン=6814ドル。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.29 +0
NYMEX金先物 5月限 1345.4 -1.1
NYMEXプラチナ先物 7月限 940.1 -1
NYMEXガソリン 4月限 2.0774 +0.0122
WTI ・・・ 68.25 +0
シカゴコーン ・・・ 382 +0
シカゴ大豆 ・・・ 1037.25 +0
シカゴコーヒー ・・・ 114.25 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0