鉄・非鉄金属 | 2018年04月12日 18:15 JST

〔インサイト〕亜鉛、4カ月ぶり安値=低調な中国需要が重し(12日)

 【メルボルン・ロイターES=時事】欧州時間12日朝のロンドン金属取引所(LME)の亜鉛相場は下落し、4カ月ぶり安値を付けた。第2四半期に入って、中国での建設活動に伴う金属需要が低調な滑り出しとなったことから、他の鋼材と同様に軟化した。  シリアに対する米国の軍事行動への脅威も、市場全般を圧迫した。  キングダム・フューチャーズはリポートで、「人々が米国のシリアへの対応に注目する中、市場は通常よりも神経質になるだろう」と指摘した。  LMEの亜鉛3カ月物相場は0637GMT(日本時間午後3時37分)時点で、2.7%安の1トン=3150ドル。一時は3122.50ドルと、昨年12月12日以来の安値を付けた。3172ドルの200日移動平均の下値支持線を割り込んだことで、ファンド筋の売りが膨らんだ。  トレーダーらによると、季節要因で中国の建設活動は通常4月や5月に活発化するが、低調なスタートを切っている。  銅3カ月物は1.2%安の6863ドル。全般的なリスク回避地合いを背景に、軟調な他の金属相場に追随した。  上海先物取引所の銅5月きりは1.4%安の5万0400元。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.58 -1.35
NYMEX金先物 12月限 1242.7 -4.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 797.5 -10.3
NYMEXガソリン 12月限 1.4782 -0.0353
WTI ・・・ 51.21 +0
シカゴコーン ・・・ 384.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 907 -7
シカゴコーヒー ・・・ 98.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0