鉄・非鉄金属 | 2018年04月16日 19:55 JST

〔ロンドン金属〕アルミ、大幅高=英豪リオの不可抗力条項発動で(16日午前)

 欧州時間16日午前のロンドン金属取引所(LME)のアルミ相場は大幅上昇し、約6年ぶり高値を記録した。英豪系資源大手リオ・ティントが、合弁先のロシアのアルミ大手ルサールに対する米国の制裁を受けて、一部顧客との契約で不可抗力条項を発動する方針を明らかにしたことで、供給懸念が相場を押し上げた。  LMEのアルミ3カ月物は0958GMT(日本時間午後6時58分)時点で2.4%高の1トン=2348ドルと、2012年3月以来の高値。  コメルツバンクのコモディティーズ調査責任者、オイゲン・ワインバーグ氏は「他のトレーダーも不可抗力条項を発動する可能性が高いことから、アルミ相場は上昇を続けている。ロシアのルサールはアルミ生産で世界最大手の一つだったからだ」と語った。  関係筋が11日ロイター通信に語ったところによると、スイス資源大手グレンコアは一部のアルミ供給について不可抗力条項を発動する見込みだ。  アルミ在庫は1万5100トン増の140万トン。ルサールに対する制裁が6日に発動されて以来、在庫は9%増加した。  LMEの銅3カ月物は0.3%高の1トン=6852.50ドル。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 70.32 +0.39
NYMEX金先物 10月限 1206.6 -7.1
NYMEXプラチナ先物 10月限 834.2 -5.5
NYMEXガソリン 9月限 2.0146 -0.0011
WTI ・・・ 70.75 +0
シカゴコーン ・・・ 352.5 +5.25
シカゴ大豆 ・・・ 850.25 -0.5
シカゴコーヒー ・・・ 99.7 -0.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0