������������������ | 2018年04月19日 18:32 JST

〔インサイト〕LMEニッケル、急伸=ロシア・ノリリスクへの制裁懸念(19日)

 【マニラ・ロイターES=時事】欧州時間19日朝のロンドン金属取引所(LME)のニッケル相場は9%超上昇し、2014年末以来の高値を付けた。米国の制裁がロシアのアルミ大手ルサールだけでなく、同国ニッケル大手ノリリスク・ニッケルにも科されるとの観測が背景。  ニッケル相場は2日連続で急伸。世界的な供給不足をめぐる懸念が高まった。  LMEのニッケル3カ月物は0702GMT(日本時間午後4時2分)時点で、7.3%高の1トン=1万6395ドル。一時は9.3%上昇し、1万6690ドルと2014年12月以来の高値を付けた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.46 +0.46
NYMEX金先物 8月限 1176.2 +5
NYMEXプラチナ先物 9月限 783.1 -5.8
NYMEXガソリン 8月限 1.9874 -0.009
WTI ・・・ 65.88 +0
シカゴコーン ・・・ 365.25 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 885.5 +1
シカゴコーヒー ・・・ 101.1 -0.6
CRB商品指数 ポイント 0 +0