������������������ | 2018年04月25日 20:29 JST

〔ロンドン金属〕アルミ、続落=米の制裁緩和受け(25日午前)

 欧州時間25日午前のロンドン金属取引所(LME)のアルミ相場は続落。ロシアのアルミ大手ルサールに対する米国の制裁の影響をめぐる懸念が和らいだことで、アルミは今月付けた高値から約20%下げている。  米政府がルサールの顧客の米企業に対し、制裁措置への対応期間を延長したことで、アルミ相場は急落した。  キャピタル・エコノミクスのアナリスト、キャロライン・ベイン氏は「ルサールに対して最大限の制裁が科される可能性があると先週考えられていたが、実際にそのようになっていた場合、世界の供給網に大きな混乱を生じさせただろう」と指摘。「中国を除き、世界でアルミが不足した可能性がある」と述べた。  LMEのアルミ3カ月物は0950GMT(日本時間午後6時50分)時点で、0.4%安の1トン=2218ドル。一時2191ドルの安値を付けた。銅3カ月物は0.2%安の6997ドル。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.58 -1.35
NYMEX金先物 12月限 1242.7 -4.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 797.5 -10.3
NYMEXガソリン 12月限 1.4782 -0.0353
WTI ・・・ 51.21 +0
シカゴコーン ・・・ 384.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 907 -7
シカゴコーヒー ・・・ 98.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0