鉄・非鉄金属 | 2018年05月16日 20:54 JST

〔ロンドン金属〕銅、反発=中国統計を好感、ドル高で上値重く(16日午前)

 欧州時間16日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場はこのところの続落の後で反発。中国の住宅価格統計を好感した。ただドル高が銅の上値を抑えた。  LMEの銅3カ月物は1050GMT(日本時間午後7時50分)時点で0.2%高の1トン=6821.50ドル。前日は1%余り下落した。今週を通じては1.8%安。  INGのアナリストは「中国の新築住宅販売統計が約半年ぶりの高い伸びを示し、かなりポジティブな材料だ」と指摘。「銅は前日の下落から反発している。ただ小動きだ」と述べた。  4月の中国70都市新築住宅価格は上昇した。中小都市での価格上昇が全体の伸びを主導し、産業用金属の主要消費産業である建設市場の底堅さが示された。  ドル指数は0.3%高で年初来高値水準。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.08 -0.53
NYMEX金先物 7月限 1225.7 -1.8
NYMEXプラチナ先物 8月限 817.4 -3.4
NYMEXガソリン 7月限 2.0261 -0.0119
WTI ・・・ 67.98 +0
シカゴコーン ・・・ 346.25 +1.25
シカゴ大豆 ・・・ 839.5 +3.25
シカゴコーヒー ・・・ 105.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0