������������������ | 2018年05月23日 20:29 JST

〔ロンドン金属〕銅、大幅下落=米中通商協議への楽観が後退(23日午前)

 欧州時間23日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は大幅下落した。トランプ米大統領の発言を受けて、米中の貿易をめぐる対立が収まるとの楽観が弱まり、景気循環に連動する資産への投資意欲が減退。銅は前日付けた約1カ月ぶり高値から下落した。  トランプ氏が、最近の中国との通商協議に満足していないと発言したことを受けて株価は下落し、ドルは安全資産とされる円に対して値下がりした。  オックスフォード・エコノミクスのコモディティーズアナリスト、ダニエル・スミス氏は「貿易の伸びが減速する局面に入れば、中国経済にとってかなり悪いニュースだ。これらをめぐるリスクは間違いなく数カ月前よりもずっと高い」と述べた。  中国は世界最大の銅消費国。  LMEの銅3カ月物は0931GMT(日本時間午後6時31分)時点で2.1%安の1トン=6830ドル。前日は4月26日以来の高値となる6999ドルを付けた。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.58 +0.07
NYMEX金先物 6月限 1267.4 -1.3
NYMEXプラチナ先物 7月限 873.3 +1.7
NYMEXガソリン 6月限 2.0705 -0.02
WTI ・・・ 68.82 +0
シカゴコーン ・・・ 357.25 -3
シカゴ大豆 ・・・ 894.5 -9.5
シカゴコーヒー ・・・ 113.85 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0