������������������ | 2018年05月23日 19:06 JST

〔インサイト〕LME銅、下落=トランプ氏発言を嫌気(23日)

 【マニラ・ロイターES=時事】欧州時間23日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落。前日付けた約1カ月ぶり高値から後退している。トランプ米大統領が、最近の米中通商協議に満足していないと発言したことが響いている。  ムニューシン米財務長官は先週末、米中貿易戦争が保留される見込みだと述べ、リスク資産投資意欲が回復した。トランプ氏の発言はその後の22日のものだ。  オーストラリア・ニュージーランド銀行のアナリストは「米中通商協議をめぐる流動的な状況によって、コモディティー相場は不安定さが続く公算が大きい」との見方を示した。  LMEではスズを除く卑金属が下落し、上海市場でも大半が下げた。マレックス・スペクトロンのアジア金属担当者マット・フランス氏は「アジアでは手じまい売りと投機的な売りが支配的だった」と述べた。  LMEの銅3カ月物は0708GMT(日本時間午後4時08分)時点で、0.7%安の1トン=6927.50ドル。前日は4月26日以来の高値となる6999ドルを付けた。  上海先物取引所の銅7月きりは前日のLME銅の上昇につれ、0.6%高の1トン=5万1770元で引けた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 46.24 +1.31
NYMEX金先物 12月限 1249.2 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 794.8 +2.2
NYMEXガソリン 12月限 1.3505 +0.0414
WTI ・・・ 46.07 +0
シカゴコーン ・・・ 385.5 -1.5
シカゴ大豆 ・・・ 907.75 -5.5
シカゴコーヒー ・・・ 101.2 +1.8
CRB商品指数 ポイント 0 +0