鉄・非鉄金属 | 2018年06月13日 17:54 JST

〔インサイト〕上海非鉄、軟化=中国市場の流動性懸念(13日)

 【北京ロイターES時事】13日の上海先物取引所の非鉄相場は軟化した。市場関係者が中国の国内市場の流動性を懸念し、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を待つ中、アルミは約6週間ぶりの安値で終了し、非鉄相場の下げを主導した。  米連邦準備制度理事会(FRB)は今回の会合で利上げを行うと予想されている。金利の上昇は通常ドルの押し上げ要因になり、他通貨の保有者にとって金属が割高になるため、相場を圧迫する。  香港のアルゴノート・セキュリティーズのアナリスト、ヘレン・ラウ氏は、中国政府がシャドーバンキング(影の銀行)に対する取り締まりを強化する中、社会融資総量(TSF)が予想を下回ったことで、上海の金属相場は下落したと分析した。  中国経済における債務や流動性の指標となる、5月のTSFは7608億元(1188億ドル)で、4月の1兆5600億元から大幅に減少した。  上海市場のアルミ先物8月きりの清算値は1.5%安の1トン=1万4670元。5月3日以来の安値で引けた。銅相場は0.8%安の5万3530元。  ロンドン金属取引所(LME)の銅3カ月物は4営業日続落し、0731GMT(日本時間午後4時31分)時点で、0.5%安の7186ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.54 +3.74
NYMEX金先物 6月限 1267.2 +3
NYMEXプラチナ先物 7月限 863.2 +15.5
NYMEXガソリン 6月限 2.0123 +0.0588
WTI ・・・ 68.82 +0
シカゴコーン ・・・ 357 +0
シカゴ大豆 ・・・ 880.5 +16
シカゴコーヒー ・・・ 113.95 +1.35
CRB商品指数 ポイント 0 +0