������������������ | 2018年06月22日 18:56 JST

〔インサイト〕LME銅、続伸=貿易摩擦懸念―週間は2週続落(22日)

 【シンガポール・ロイターES=時事】欧州時間22日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は続伸しているが、週間ベースでは2週連続の下落に向かっている。米中貿易摩擦が、工業用金属の世界最大の消費国である、中国の需要に打撃を与えるとの懸念が銅相場を圧迫した。  LMEの銅3カ月物相場は0713GMT(日本時間午後4時13分)時点で0.4%高の1トン=6814ドル。週を通じては2.9%安。  米中貿易摩擦が激化するとの懸念を背景に、中国の5月の経済統計が予想より弱い内容だったことを受け、同国の経済見通しへの懸念が強まっている。  CRU(北京)の銅アナリストは「信用の引き締まりによって銅には下向きの圧力がかかっている」と指摘。「もちろん米中貿易戦争の可能性は相場をさらに圧迫するだろう」と述べた。  上海先物取引所の銅先物は0.3%高の1トン=5万1870元で引けた。週間では3.3%安。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.96 +0.11
NYMEX金先物 2月限 1323.5 +3.2
NYMEXプラチナ先物 3月限 825 +17.8
NYMEXガソリン 2月限 1.6144 -0.0074
WTI ・・・ 56.98 +0
シカゴコーン ・・・ 375.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 911 -0.75
シカゴコーヒー ・・・ 96.95 +0.85
CRB商品指数 ポイント 0 +0