鉄・非鉄金属 | 2018年07月04日 20:55 JST

〔ロンドン金属〕銅続落、9カ月ぶり安値=米中の追加関税発動控え(4日午前)

 欧州時間4日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は続落し、9カ月ぶり安値水準。中国と米国が7月6日からそれぞれ相手国の産品に追加関税を適用する構えであることが背景。米中の関税の応酬は銅需要を弱める可能性がある。  LMEの銅3カ月物は1051GMT(現地時間午後7時51分)時点で0.5%安の1トン=6456ドルと、2017年9月以来の安値水準。  トランプ米政権は7月6日から総額340億ドルの中国製品の輸入に追加関税を課すと表明している。中国は同じ日に同規模の報復措置を講じると警告している。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.26 -0.11
NYMEX金先物 8月限 1231.1 -1.1
NYMEXプラチナ先物 8月限 825.8 +0
NYMEXガソリン 7月限 2.069 -0.0062
WTI ・・・ 70.26 +0
シカゴコーン ・・・ 355.25 -0.5
シカゴ大豆 ・・・ 849.75 -0.25
シカゴコーヒー ・・・ 110.65 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0