������������������ | 2018年07月18日 19:54 JST

〔ロンドン金属〕亜鉛は1年ぶり安値から回復=銅は安い(18日午前)

 【ロンドン・ロイター時事】欧州時間18日午前のロンドン金属取引所(LME)の亜鉛相場は、在庫減少に加え取引業者筋の買いに支えられ先週の1年ぶりの安値から回復している。  LME亜鉛3カ月物は1027GMT時点で1.9%高の2558.50ドル。前日は1.5%高だった。  マレックス・スペクトロンの金属アナリスト、アラステア・ムンロ氏は「亜鉛は短期的に売られ過ぎの状態で、実需筋の買いが相場を押し上げた」と指摘した。  LME銅3カ月物は0.8%安の6105ドル。1年ぶりの安値からそれほど離れていない水準で推移している。  コメルツバンクは調査ノートで「米国と中国の貿易摩擦が激化し、中国景気が冷え込むとの懸念が引き続き相場の重しとなっている。これに加え、ドル高傾向が卑金属相場の向かい風となっている」と指摘した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 69.36 +0.2
NYMEX金先物 10月限 1221.2 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 822.5 +3
NYMEXガソリン 10月限 1.9067 +0.0063
WTI ・・・ 69.2 +0
シカゴコーン ・・・ 369.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 858.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 117.65 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0