������������������ | 2018年08月21日 17:15 JST

〔インサイト〕LME銅、続伸=6000ドル超え(21日)

 【北京ロイター時事】欧州時間21日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、ドル安を背景に続伸し、1トン=6000ドルの大台を超えた。亜鉛など他の卑金属相場も上げている。市場は米中貿易協議の再開待ち。  LMEの銅相場は6月7日に付けた4年ぶりの高値から18%下落している。米中貿易摩擦が産業用金属の需要に打撃を与えるとの懸念が相場下落の背景にあった。  しかしジェフリーズのアナリスト、ティモシー・ワード氏は「振り子が大きく、速く過度に振れたのかもしれない」と指摘。「マクロ要因によって市場の心理とポジションがあまりに大きく変動したため、銅市場の基礎的な状況が忘れ去られているのかもしれない」と述べた。  LMEの銅3カ月物は一時0.9%上昇し、1週間ぶり高値の6046.50ドルに達した。0705GMT(日本時間午後4時05分)時点では0.7%高の6037ドル。  上海先物取引所の銅先物10月きりは1.3%高の1トン=4万8700元で引けた。一時は15日以来の高値。  ドル指数は0.3%安。一時は9日以来の安値を付けた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 71.12 +0.2
NYMEX金先物 10月限 1203.9 +0.2
NYMEXプラチナ先物 10月限 821.9 +1.6
NYMEXガソリン 9月限 2.0207 -0.001
WTI ・・・ 71.03 +0
シカゴコーン ・・・ 345.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 830 +0
シカゴコーヒー ・・・ 96.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0