鉄・非鉄金属 | 2018年09月06日 21:28 JST

〔ロンドン金属〕銅、上昇=ショートカバーで(6日午前)

 6日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇している。ファンド筋のショートカバーに加え、最近のドル安地合いが買いを誘っている。ただ、米国と中国の貿易摩擦が過熱しているため、大幅に上昇する可能性は小さそうだ。  LMEの銅3カ月物は1044GMT(日本時間午後7時44分)時点で1.6%高の1トン=5964ドル。  銅は8月15日に付けた14カ月ぶり安値の5773ドルからの回復過程にあるが、6月に付けた4年半ぶりの高値の7348ドルと比べるとまだ20%近く安い水準だ。  ある銅トレーダーは「銅は再び安値を試したが、下抜けできなかった。ショートカバーの買いがたくさんあった一方、利食い売りは少なく、ドルは安かった。これが銅相場の支援材料になった」と語った。その上で「ただ、米中貿易戦争への警戒感が強く、強気筋も引き続き買いを手控えるだろう」と指摘した。  一方、アルミ相場はロシアのアルミ大手ルサールに対する米国の制裁、アルミナなどの原料コスト高による供給懸念に支えられそうだ。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 66.3 -0.26
NYMEX金先物 4月限 1269.3 -1.5
NYMEXプラチナ先物 7月限 893.8 -2.6
NYMEXガソリン 4月限 2.1316 -0.0269
WTI ・・・ 66.19 +0
シカゴコーン ・・・ 351.25 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 862 +2.5
シカゴコーヒー ・・・ 91.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0