鉄・非鉄金属 | 2018年09月07日 17:58 JST

〔インサイト〕LME銅、反落=米中貿易戦争激化を懸念(7日)

 【シンガポール・ロイター時事】欧州時間7日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は反落。週間ベースでは2週続落に向かっている。米国と、世界最大の卑金属消費国・中国との貿易戦争が激化する中、需要への懸念が高まった。  米中による新たな貿易制裁関税の応酬がいつ来てもおかしくないと投資家が懸念する中、アジア株はこの日、1年2カ月ぶりの安値を付けた。  LMEの銅3カ月物相場は0717GMT(日本時間午後4時17分)時点で、1%安の1トン=5871ドル。  上海先物取引所の銅先物中心限月は0.2%高の1トン=4万7680元で引けた。  銅はLME、上海市場ともに今週を通じて1.7%下げている。  LME銅は前日まで2日続伸。オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)は「欧州の経済統計が比較的明るい内容だったことが市場心理の押し上げに寄与した」と指摘した。  トランプ米大統領は、中国との貿易戦争を急速に拡大する準備ができていると発言しており、側近に対し、一般からの意見募集期間が終わればすぐに中国からの輸入品2000億ドル相当に新たな関税を発動する用意があると語った。中国商務省は6日、米国が中国からの輸入品に対して新たな制裁関税を発動した場合、中国は報復措置を講じざるを得ないと警告した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.46 +0.71
NYMEX金先物 12月限 1223 -3.1
NYMEXプラチナ先物 12月限 844.8 -0.3
NYMEXガソリン 11月限 1.577 +0.0096
WTI ・・・ 56.44 +0
シカゴコーン ・・・ 364.75 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 892.25 -3.5
シカゴコーヒー ・・・ 112.6 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0