鉄・非鉄金属 | 2018年09月11日 17:55 JST

〔インサイト〕LME銅、じり高=イタリア債務懸念後退でユーロ高(11日)

 【シンガポール・ロイター時事】欧州時間11日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場はじり高で推移している。米国と中国の貿易摩擦が激化することへの懸念から、大半の投資家は慎重姿勢となっているが、イタリアの債務問題への懸念が後退し、ユーロが対ドルで上昇したことが相場を下支えしている。  LME銅3カ月物は0808GMT時点で0.7%高の5951ドル。一時5879ドルまで下げる場面もあった。  上海先物取引所の銅中心限月の清算値は0.5%高の4万7919元(6983ドル)。  マレックス・スペクトロンのマット・フランス氏は、調査ノートで「明確な取引パターンが見られない中を不安定な値動きが続いている」と指摘した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.43 +0.87
NYMEX金先物 12月限 1221.2 +5.1
NYMEXプラチナ先物 12月限 845.7 +3.1
NYMEXガソリン 11月限 1.4959 +0.0158
WTI ・・・ 53.34 +0
シカゴコーン ・・・ 361.25 -0.5
シカゴ大豆 ・・・ 881 -1
シカゴコーヒー ・・・ 110.1 -0.55
CRB商品指数 ポイント 0 +0