������������������ | 2018年09月18日 20:53 JST

〔ロンドン金属〕銅、上昇=米国による中国への追加関税で(18日午前)

 18日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇。米国が新たな対中制裁関税を発表したのに対し、市場は株高、ドル安で反応した。  米中貿易戦争がコモディティ(商品)需要を抑制するとの懸念が、この数カ月間、工業用金属相場を低迷させている。銅は6月に付けた高値から18%下落した。  ただ、市場は追加関税を予想していたことに加えて、株価やドル以外の通貨の相場が予想外に上伸したことも銅相場の支援材料となった。  LMEの銅3カ月物は1059GMT(日本時間午後7時59分)時点で1.5%高の1オンス=6038ドル。ただ引き続き、先月付けた14カ月ぶりの安値となる5733ドルに程近い水準で推移している。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.61 -0.09
NYMEX金先物 12月限 1246.8 +2.8
NYMEXプラチナ先物 1月限 790.4 +4.9
NYMEXガソリン 12月限 1.4858 -0.0067
WTI ・・・ 52.71 +0
シカゴコーン ・・・ 374 +0
シカゴ大豆 ・・・ 916.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 98.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0