������������������ | 2018年09月20日 17:57 JST

〔インサイト〕LME亜鉛、4日続伸=米中貿易摩擦の懸念緩和で(20日)

 【メルボルン・ロイター時事】欧州時間20日朝のロンドン金属取引所(LME)の亜鉛相場は、4営業日続伸。米中貿易摩擦をめぐる米国による中国への追加関税発動について、恐れられていたよりも税率が低く設定され、安心感が広がったことに加えて、最大消費国・中国で亜鉛が不足したことが支援材料だった。  ANZはリポートで「亜鉛相場は、幅広く上昇している。米国が中国製品に対して、予想を下回る10%の関税にとどめたことで投資家が楽観ムードとなった」と説明した。また、LME在庫の大幅減少を指摘した上で「ファンダメンタルズも引き続き、比較的プラスの背景となっている」と述べた。  LME亜鉛3カ月物は1.2%高の1トン=2462ドル。  LME銅3カ月物は0721GMT時点で0.4%安の6098ドル。  上海銅先物は、0.3%安の4万9340元。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.61 -0.08
NYMEX金先物 12月限 1246.8 +2.8
NYMEXプラチナ先物 1月限 790.4 +4.8
NYMEXガソリン 12月限 1.4858 -0.0073
WTI ・・・ 52.71 +0
シカゴコーン ・・・ 374 +0
シカゴ大豆 ・・・ 916.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 98.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0