鉄・非鉄金属 | 2018年10月04日 17:36 JST

〔インサイト〕LMEアルミ、3カ月超ぶり高値=精錬所停止で供給懸念(4日)

 【マニラ・ロイター時事】欧州時間4日午前のロンドン金属取引所(LME)のアルミ相場は3カ月超ぶりの高値を付けた。ブラジルのアルミナ精錬所の生産停止を受け、供給懸念が広がった。  ノルウェーのアルミ大手ノルスク・ハイドロは3日、アルノルテ・アルミナ精錬所(ブラジル)の生産を停止し、4700人を削減すると発表した。  LMEアルミの3カ月物は0657GMT(日本時間午後3時57分)時点で、1.7%高の1トン=2242.50ドル。一時、6月15日以来の高値となる2254.00ドルを付けた。前日は4.2%上伸し、一日の上昇率として4月以来の大きさとなった。  銅の3カ月物は0.9%高の6323.00ドル、亜鉛が0.8%高の2672.00ドル、ニッケルが1.4%高の1万2945.00ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.28 +0.23
NYMEX金先物 6月限 1339.2 +0.9
NYMEXプラチナ先物 7月限 809.4 -6.3
NYMEXガソリン 6月限 1.7199 +0.0145
WTI ・・・ 52.42 +0
シカゴコーン ・・・ 442 +11.25
シカゴ大豆 ・・・ 888 +9.25
シカゴコーヒー ・・・ 96.1 -1.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0