鉄・非鉄金属 | 2018年10月09日 17:29 JST

〔インサイト〕上海市場で亜鉛急伸=中国精錬業者の減産で(9日)

 【マニラ・ロイター時事】9日の上海先物取引所の亜鉛相場は急伸。約4%高となり、3カ月半ぶり高値を付けた。中国精錬業者の減産により、在庫が10年以上ぶりの低水準となった。また、鉄鋼価格が急伸し、ロンドン金属取引所(LME)と中国市場でのニッケル価格を押し上げた。  上海先物取引所の亜鉛11月きりは、一時3.8%高のトン当たり2万2800元(3295ドル)と、6月19日以来の高値を付けた。結局3%高の2万2620元で引けた。  LMEの亜鉛3カ月物は1.6%高の2655.50ドル。  上海先物取引所の亜鉛在庫は9月末時点で2万9204トンと、2007年以来の低水準となった。  コンサルタント会社CRUのアナリスト、ディナ・ユ氏は、環境規制の厳格化や利益の低迷による中国亜鉛製錬業者らの減産が、供給逼迫(ひっぱく)をもたらしたと指摘。「トレーダーや精錬業者らは上海取引所倉庫への持ち込みに消極的だ。現物市場で高値で売ることを望んでいる」と話した。  中国鉄鋼価格高を受け、上海市場ではニッケルが2.2%高の10万5470元。LMEニッケル3カ月物も、1.5%高の1万2760ドル。  LME銅3カ月物は1.1%高の6246ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 51.15 +0.16
NYMEX金先物 12月限 1244.4 -0.9
NYMEXプラチナ先物 1月限 807.1 -0.3
NYMEXガソリン 12月限 1.4204 +0.0064
WTI ・・・ 50.99 +0
シカゴコーン ・・・ 376.25 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 920 -1.75
シカゴコーヒー ・・・ 97.75 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0