鉄・非鉄金属 | 2018年10月31日 17:35 JST

〔インサイト〕上海アルミ、下落=中国PMIの弱さを嫌気(31日)

 【マニラ・ロイター時事】31日の上海先物取引所では、アルミ相場が下落し、2年ぶりの安値となった。ロンドン金属取引所(LME)でも、約15カ月ぶりの安値を付けた。中国製造業PMI(購買担当者景況指数)の低下を嫌気した。  米中貿易摩擦が激化する中、中国国家統計局が公表した10月の製造業PMIは50.2と、前月の50.8から低下した。  みずほ銀行はリポートで、「現在の成長の勢い鈍化を踏まえれば、中国は2015~16年のように資本流出に直面する可能性がある」と述べた。  上海先物取引所のアルミ12月きりは一時、1万3930元(1999ドル)と、16年10月以来の安値を付けた。結局1.1%安の1万3960元で引けた。  LMEのアルミ3カ月物は0719GMT(日本時間午後4時19分)時点で、0.1%安の1965ドル。一時1961ドルと、約15カ月ぶりの安値に下げた。  LME銅3カ月物は変わらずの6031ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.25 -0.27
NYMEX金先物 12月限 1210.1 -0.9
NYMEXプラチナ先物 1月限 833.8 +2.2
NYMEXガソリン 11月限 1.5606 -0.0112
WTI ・・・ 56.11 +0
シカゴコーン ・・・ 367 +0
シカゴ大豆 ・・・ 870.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 112.65 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0