鉄・非鉄金属 | 2018年11月01日 17:32 JST

〔インサイト〕上海アルミ、一時2年ぶり安値=弱い中国製造業指標で(1日)

 【北京ロイター時事】上海先物取引所で1日、卑金属相場の大半が下落し、アルミは一時、2年ぶりの安値を付けた。米中貿易摩擦の激化が需要に悪影響を及ぼすとの懸念に加え、中国で弱い経済指標が新たに出たことが重しとなった。  前日の中国当局発表の製造業PMI(購買担当者景況指数)が2年超ぶりの低い伸びとなったのに続き、この日発表された民間指標で中国の製造業が10月にほぼゼロ成長だったことが示された。  上海先物取引所のアルミ12月きりは1.1%安の1トン=1万3870元と6営業日続落して終了。一時は1.2%安の1万3860元まで売られ、2016年10月24日以来の安値を付けた。  ロンドン金属取引所(LME)のアルミ3カ月物は0702GMT時点で、0.2%高の1トン=1965.50ドル。前日は一時、1953ドルと約1年3カ月ぶりの安値を付けた。  上海先物取引所の銅12月きりは0.9%安の1トン=4万8730元で引けた。 [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.01 -0.02
NYMEX金先物 1月限 1282.5 +0.4
NYMEXプラチナ先物 4月限 791.2 +1.1
NYMEXガソリン 1月限 1.4015 -0.003
WTI ・・・ 52.54 +0
シカゴコーン ・・・ 379 +1
シカゴ大豆 ・・・ 909.25 +2.5
シカゴコーヒー ・・・ 103.35 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0